人気ブログランキング |
> 以前の記事
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
タバコラム99.禁煙の日にひとこと(81)~梅雨時には禁煙の本はいかが?!~

 タバコラム99.禁煙の日にひとこと(81)
     ~梅雨時には禁煙の本はいかが?!~


梅雨は雨降りの日が多くなり、家の中で過ごす時間が長くなる事も多いかもしれません。
 天気が悪くて外に出られない時、皆様はどのように過ごされていますか?
 テレビを見たり、音楽を聴いたり、ゲームをしたり、最近では、インターネットやスマートフォンもあるので色々と選択肢があり退屈しないですむのかもしれませんね。

 雨の日には、部屋の中で読書をするのは如何でしょうか?

今回、古本屋で禁煙に関する本をみつけたので買って読んでみました。それをご紹介させて頂きます。

d0128520_16244574.jpg

 その本は、阿部眞弓先生の『禁煙外来の医者だから言える 99%禁煙できる本』(知的生き方文庫)です。
 第1刷発行が2001年とありますので、ひと昔前の本ですが、1994年頃から禁煙外来を開設し多くの患者さんに禁煙指導をされている阿部先生がその豊富な経験を語りながらわかりやすく禁煙について語っているといった内容です。

 禁煙外来で使用されるニコチン代替療法も、当時はまだニコチンガムとニコチンパッチしか使用できない状況にあったと思いますが、禁煙を思い立った喫煙者に対して、ニコチン依存症を理解し離脱症状に配慮しながら、行動科学に基づいて禁煙指導を進めていく手法は、時代が進んだ現在においても禁煙指導の基本的な姿であると思われます。

 例えば、減煙法と断煙法はどちらが優れているか?といった問題に対しては、断煙法の方を勧められるのですが、その訳は減煙法で喫煙本数を減らしても、身体がニコチンを減らす前と同じ量、吸収するように無意識の調節を行い、深く吸ったり、1本を根元まで吸ったりしてしまうという事が生じるのだそうです。なるほど!と思います。

 喫煙者で禁煙を考えている方、禁煙を試みたが上手くいかなかった方だけでなく、禁煙指導をしてもうまく指導ができないと考えている医療関係者も読んで為になる本ではないかと思いご紹介させて頂きました。

         (禁煙推進チーム:生田 卓也)

# by hiro-nishi-mc | 2018-06-26 16:26 | タバコラム
タバコラム98.禁煙の日にひとこと(80)~福山市で『子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例』が成立、施行されました!~


タバコラム98.禁煙の日にひとこと(80)
~福山市で『子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例』が成立、施行されました!~

 このたび福山市において『子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例』が平成30322日に成立し、27日公布され、41日より施行となりました。

受動喫煙に関する条例が成立、施行されたのは、これが広島県で初だそうです。すばらしいですね。画期的ですね。

もちろん、条例の対象が子どもと妊婦に限られていること、罰則はないことなど効果は限定的かも知れませんが、一歩前進したことは確かです。もっと他の自治体もこれに続くよう働きかけたいと思います。身近のところでは私たちの病院のある大竹市に照準を合わせたいですね。

d0128520_19203228.jpg

条例全文のアドレスは下記の通りです。


http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/uploaded/life/114882_324653_misc.pdf


 福山市ホームページ(写真)もぜひご覧あそばせ!観光したくなりますね!

(禁煙推進チーム:立山 義朗)

# by hiro-nishi-mc | 2018-05-21 19:21 | タバコラム
タバコラム97.禁煙の日にひとこと(79)~コンビニ前の喫煙所が撤去されていました!~
 タバコラム97.禁煙の日にひとこと(79)
  ~コンビニ前の喫煙所が撤去されていました!~

d0128520_17571562.jpg

 3月末頃に前を通りかかって、たまたま気がついたのですが、駅前のコンビニエンスストア前の喫煙所が撤去されているではありませんか!
(上の写真は、私が実際に目にした店ではありません)

d0128520_17571569.jpg



 人通りが多いので店に苦情があったからこうなったのかもしれませんが、とてもすばらしいことです。ここに喫煙所があることで多くの人が受動喫煙の害にさらされていましたから。

(この写真もイメージです。私が目にした店のものではありません)

 受動喫煙防止は、タバコ規制枠組条約(FrameworkConvention on Tobacco Control, FCTC)第八条に規定されています。わが国も、罰則付の健康増進法改正法案に受動喫煙防止が盛り込まれることになっていますが、ざる法とは言え、とりあえず今国会で早く成立させて欲しいものです。


FCTCと言えば、第十三条にタバコ広告、販売促進、スポンサー活動の包括的禁止も規定されています。コンビニ前の喫煙所撤去の次は、コンビニのレジに陳列されているタバコを目につかないところに置いて販売して欲しいものです。誰もがおかしいと思っていることですが、本当は健康上問題があることが明らかなので、販売自体を規制するというのが本道だと思います。そのためには、たばこ事業法を廃止しタバコは厚生労働省の管轄下においてタバコ消費を減らしていく必要があります。それにはタバコ価格(タバコ税)を上げる政策が、税収も増えつつ消費も落ち、国民の健康増進につながるので非常に有効だと言われています。


参考:禁煙学改訂3(2014)

         (禁煙推進チーム:立山 義朗)














# by hiro-nishi-mc | 2018-04-12 18:11 | タバコラム
タバコラム96.禁煙の日にひとこと(78)~喫煙とアレルギー疾患について~


 タバコラム96.禁煙の日にひとこと(78) 
   ~喫煙とアレルギー疾患について~

みなさん、こんにちは。禁煙促進チームの生田です。

インフルエンザの流行は終わりつつありますが、今度はスギ花粉症の流行期を迎えています。毎年、この時期になると、花粉症症状に悩まされる方も多いかと思います。

*花粉症とは

花粉症は、花粉をアレルゲンとするⅠ型アレルギーで、ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎に対して、季節性アレルギー性鼻炎と言われています。花粉の飛散時期に合わせて、くしゃみ、水様性鼻漏、鼻閉といった症状に加えて、眼の掻痒感、流涙といった眼症状を伴ってきます。

アレルギー疾患のうち、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、食物アレルギーは多くの人が罹患するありふれた疾患で小児期に多くみられます。『アレルギーマーチ』という考え方は、アトピー素因のある小児が原因と発症臓器を異にして、これらのアレルギー疾患を発症していく現象を指しますが、遺伝的な要因と共に出生後の環境要因が影響していると考えられています1)


*アレルギー疾患と喫煙の関係

さて、アレルギー疾患と喫煙との関係はどうなのでしょうか?

 調べてみた所、Saulyte. J先生らがまとめたメタ解析の結果2)が見つかりました。喫煙とアレルギー疾患はそれほどつよい関連はないのかもしれませんが、小児や思春期の若者では、能動喫煙も受動喫煙もアレルギー疾患(特にアレルギー性皮膚炎)の増加に関連しているという事が示されていました(表1)。

d0128520_18333895.jpg

*花粉症と喫煙の関係

では、アレルギー疾患の中でも、今流行を迎えている花粉症と喫煙との関係はどうなのでしょうか?

d0128520_18333866.jpg
 表2のごとく、Lannero.E先生らの論文3)では、幼児期(生後2か月という早期)に受動喫煙に曝露されると吸入抗原や食事性アレルゲンに対するIgE感作の成立リスクを高める事が示されました。しかも、生後数か月の時期に親からの受動喫煙に曝露されると、喫煙本数に応じてIgEの感作が起きるという結果が示されました。

(花粉症の様なアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患はⅠ型アレルギーと言われますが、IgE抗体は肥満細胞や好塩基球といった細胞の表面に固着し、アレルゲンと反応する事でⅠ型アレルギーを惹起します。『感作』とは肥満細胞や好塩基球といった細胞表面にIgE抗体がくっつきアレルゲンに出会うのを待っている状態の事です。)


 しかしながら、この論文では、喫煙によってネコの毛の様な『通年性の室内アレルゲン』への感作は起こりやすくなりますが、『季節性のアレルゲン』である花粉は主に屋外で曝露を受けるため感作が成立しにくいと考察されています。

d0128520_18333737.jpg
 最後に、Skaaby.T先生らの論文4)によると、喫煙は気管支喘息の発症リスクは高めるかもしれないが、花粉症の発症リスクについては低いであろうとの事でした(表3)。どうやら、タバコの煙は幼少時期に曝露されると、小児のアレルギー疾患発症リスクを高める可能性がありますが、花粉症に関してはその影響はさほど強くないのかもしれません。

さあ、これらの論文について、皆さんはどう思われますか?

喫煙とアレルギー疾患については様々な研究があって、まだまだ議論の余地はありそうですね。

ただし、花粉症で鼻水が出て眼がかゆい時に、近くで絶対にタバコを吸って欲しくないですし、小さな子供のアレルギー発症にタバコの影響が大きいとなると一刻も早い受動喫煙対策が必要ではないでしょうか!



(
引用文献)

)馬場 実:アレルギーマーチ 小児科診療4(17):481-485.1998.

2)Saulyte.J .et al. PLOS Med2014 Mar 11;11(3):e1001611. doi: 10.1371/journal.pmed.1001611. eCollection 2014Mar

)Lannero.E.et al.Thorax. 2008 Feb;63(2):172-6. Epub 2007 Dec 18

)Skaaby.T .et al.Sci Rep. 2017 May 22;7(1):2224. doi:10.1038/s41598-017-01977-w.


    (禁煙推進チーム:総合診療科 生田 卓也)


# by hiro-nishi-mc | 2018-03-23 18:48 | タバコラム
タバコラム95.禁煙の日にひとこと(77)~タバコ1日1本に減らしてもリスクは減らない!タバコに安全レベルはない!~


タバコラム95.禁煙の日にひとこと(77)
~タバコ11本に減らしてもリスクは減らない!
      タバコに安全レベルはない!~


 Hackshaw氏の論文(BMJ 2018; 360: j5855)についてMedical Tribune 2/15(2018)1面に紹介されています(写真)。

d0128520_17195705.jpg

 写真のグラフMedical Tribune 2/15(2018)より引用)にありますように、冠動脈疾患では喫煙未経験者を1として、11本でも相対リスクは男性1.74、女性2.19、脳卒中では、同じく男性1.56、女性1.46と男女とも約1.5倍~2倍高くなっています。
 120本の喫煙によって増加するリスクに対する11本の喫煙によって増加するリスクの割合(調整後過剰相対リスク)も、冠動脈疾患では男性53%、女性38%、脳卒中では男性64%、女性36%と、当初の約5%という予測よりもはるかに高い結果であったとするものです。

 2ページ目の、「喫煙に安全なレベルは存在しない」と題する、熊本市民病院神経内科の橋本洋一郎先生の先の論文の解説記事にもありますように、少しでもタバコの害を減らすために軽いタバコに変えたり、本数を減らそうとしても、決して安全ではないことを肝に銘じた方がよい。現在、米国FDAでは認可されていないのに、タバコに比べタールを少なくし日本で大流行しているとされる加熱式タバコ(iQOSなど)に乗り換えても、ニコチンを含むタバコである限り、先の研究結果をみても健康被害はそれほど減らないと思われます。

 良識ある皆さんは「より安全である」との宣伝に踊らされることなく、加熱式タバコに手を出さないようお願いします。加熱式タバコの健康被害の実態については、まだ十分に明らかになっていませんが、近い将来日本での「実験」結果が公表されることとなるでしょう。決してあなた自身が実験対象とならないことを祈っています。
(禁煙推進チーム: 立山 義朗)

# by hiro-nishi-mc | 2018-03-02 17:25 | タバコラム
   
> 最新の記事
> 検索
> 画像一覧