> 以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
6.タバコと病気(2)メタボリック症候群(MS)

6.タバコと病気(2)メタボリック症候群(MS)

  メタボリック症候群(MS) とは主に不健康な生活習慣(過食、運動不足、喫煙など)から、内臓脂肪型肥満になり、糖代謝異常、高血圧、脂質代謝異常などが起こり、これらのリスクが重なり合うことによって動脈硬化が進行し、その結果、脳・心血管病変(脳卒中や心筋梗塞)のリスクが高まる病態のことを言います。

d0128520_17382130.jpg 肥大した脂肪細胞から分泌される様々な生理活性物質(アディポネクチン↓、TNFα↑、PAI1↑など)がインスリン抵抗性、血栓形成傾向、血圧上昇などを起こすことが原因とされています。

 一方、喫煙者は非喫煙者と比較して有意にウエスト・ヒップ比↑、アディポネクチン↓、インスリン抵抗性↑、TG↑、HDLc↓であり、2倍MSになりやすく、MSの50%はタバコが原因と言われています。

 がんに次ぐ死因である脳・心血管病変を減らすために、MSの予防と是正が重要ですが、その前にまず禁煙です。

 そして、受動喫煙対策も禁煙治療と同様に積極的に推進していかなければなりません。

                        (TCT 立山義朗)
# by hiro-nishi-mc | 2009-01-20 17:42 | タバコラム
タバコラム5.タバコと病気(1)がん-その2-

 5.タバコと病気(1)がん-その2-

 12月10日のテレビニュースの報道で、世界の死亡原因の1位はがんであるとWHOが発表したとありましたが、発展途上国における喫煙率増加が影響しているようです。

 さて、タバコによって起こるがんはどの部位に起こりやすいのでしょうか?

 吸い込んだ煙が直接接触する、口腔、舌、鼻腔、咽頭、喉頭、肺といった呼吸器系のがんの発生については容易に想像できます。実際に喫煙者ではこれらの部位のがんの発生リスクは高く、なかでも喉頭がんの相対危険度は非喫煙者の32.5倍も高いことはよく知られています。

d0128520_1443885.jpg ところが、呼吸器系以外にも、食道、胃、大腸、肝、膵といった消化器系や腎、尿管、膀胱といった泌尿器系にもタバコが原因と考えられるがんのリスクが高まることがわかっています。発がん物質が唾液や痰に溶け込んで、それを飲み込めば消化器系に、あるいは肺から血液中に溶け込めば、血液を濾過する腎や、尿が通過する尿路系にも到達しうることがわかると思います。つまり喫煙によって全身あらゆる臓器にがんが起こっても全く不思議はないのです。

 意外なところでは、HPVの持続感染に喫煙が加わることによって子宮頸癌のリスクが高まることが明らかになっており、若い女性の子宮頸癌の増加はこれらの年代の喫煙率増加と関係があるかも知れません。             
                        (TCT 立山義朗)
# by hiro-nishi-mc | 2008-12-11 14:09 | タバコラム
タバコラム4.タバコと病気(1)がん-その1-

 4.タバコと病気(1)がん-その1-

 タバコは有害化学物質を煙にして放出する製品であり、すぐにでも規制すべき対象であるとの医療者(病理医)としての立場から、タバコと関係すると考えられる、いろいろな病気について今回から簡単に書いていきます。

 まずは 『がん』 から。

d0128520_1347130.jpg がんは『悪性腫瘍』と同じ意味のことばです。つまり『悪性』とはこのまま放置すれば死ぬという意味であり、『腫瘍』とは勝手に無制限増殖し、コントロールできなくなった異常な細胞集団を意味します。もともとは正常だった細胞に遺伝子異常がいくつか積み重なった結果腫瘍が作られますが、そのなかでも悪性の腫瘍をがんと言うわけです。

 よく知られているようにタバコの煙には4,000種類以上の化学物質、約200種類の有害物質、60~70種類の発がん物質が粒子やガスとして存在し、ニトロソアミン類、ベンツピレン、ダイオキシン類、アルデヒド類、活性酸素などが遺伝子異常を起こし発がんと関係しています。

 がんにならないためには能動喫煙をしてはいけないことは言うまでもありませんが、自分が吸い込む煙よりも多くの有害物質を含む副流煙による受動喫煙被害を発生させないことの方がもっと重要です。

             (TCT 立山義朗)
# by hiro-nishi-mc | 2008-12-10 13:39 | タバコラム
追加ブログ「広島西医療センター別館」オープン

追加ブログ 「広島西医療センター別館」 オープン

先日、東京有楽町国際フォーラムで

  「第62回国立病院総合医学会」  

が開催され、当院からも多数の演題が発表されました。

その際の様子をUPしたいということで、追加ブログ

 「広島西医療センター別館」
 http://sonyme.exblog.jp
/


をオープン致しました。

皆様ぜひ一度ご訪問を!!
 
# by hiro-nishi-mc | 2008-12-03 17:20 | 講演会・研修会のお知らせ
第36回神経病理懇話会 御礼

 第36回 神経病理懇話会 御礼

 平成20年11月15日(土)、11月16日(日)の両日にわたり
 広島グランドインテリジェントホテルで開催させて頂きました
 第36回神経病理懇話会は、24題の演題ご応募と多数の
 方々のご参加を頂き、盛会のうちに無事終了することができ
 ました。

 色々と不手際がございまして、多くの皆様に、ご迷惑をおかけ
 致しましたことをお詫び致しますとともに、ご参加、ご協力頂き
 ました方々に深く感謝申し上げます。

 今後とも宜しくお願い致します。

         当番世話人 片山禎夫
          (国立病院機構 広島西医療センター)


  
# by hiro-nishi-mc | 2008-11-18 09:09 | 講演会・研修会のお知らせ