<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
タバコラム99.禁煙の日にひとこと(81)~梅雨時には禁煙の本はいかが?!~

 タバコラム99.禁煙の日にひとこと(81)
     ~梅雨時には禁煙の本はいかが?!~


梅雨は雨降りの日が多くなり、家の中で過ごす時間が長くなる事も多いかもしれません。
 天気が悪くて外に出られない時、皆様はどのように過ごされていますか?
 テレビを見たり、音楽を聴いたり、ゲームをしたり、最近では、インターネットやスマートフォンもあるので色々と選択肢があり退屈しないですむのかもしれませんね。

 雨の日には、部屋の中で読書をするのは如何でしょうか?

今回、古本屋で禁煙に関する本をみつけたので買って読んでみました。それをご紹介させて頂きます。

d0128520_16244574.jpg

 その本は、阿部眞弓先生の『禁煙外来の医者だから言える 99%禁煙できる本』(知的生き方文庫)です。
 第1刷発行が2001年とありますので、ひと昔前の本ですが、1994年頃から禁煙外来を開設し多くの患者さんに禁煙指導をされている阿部先生がその豊富な経験を語りながらわかりやすく禁煙について語っているといった内容です。

 禁煙外来で使用されるニコチン代替療法も、当時はまだニコチンガムとニコチンパッチしか使用できない状況にあったと思いますが、禁煙を思い立った喫煙者に対して、ニコチン依存症を理解し離脱症状に配慮しながら、行動科学に基づいて禁煙指導を進めていく手法は、時代が進んだ現在においても禁煙指導の基本的な姿であると思われます。

 例えば、減煙法と断煙法はどちらが優れているか?といった問題に対しては、断煙法の方を勧められるのですが、その訳は減煙法で喫煙本数を減らしても、身体がニコチンを減らす前と同じ量、吸収するように無意識の調節を行い、深く吸ったり、1本を根元まで吸ったりしてしまうという事が生じるのだそうです。なるほど!と思います。

 喫煙者で禁煙を考えている方、禁煙を試みたが上手くいかなかった方だけでなく、禁煙指導をしてもうまく指導ができないと考えている医療関係者も読んで為になる本ではないかと思いご紹介させて頂きました。

         (禁煙推進チーム:生田 卓也)

[PR]
by hiro-nishi-mc | 2018-06-26 16:26 | タバコラム
   
> 検索
> 画像一覧