> 以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
タバコラム34.禁煙の日にひとこと(16)~JTたばこワールドの意味するもの~

 タバコラム34.禁煙の日にひとこと(16)
     ~JTたばこワールドの意味するもの~



JRの車内で見かけたことがあると思いますが、なんとも不可思議な広告があります。
日本語とそれを英訳した短い一文と緑一色の単調な絵からなるものです。

JTのホームページの中に同じものを見つけました。
一度アクセスしてご覧になってください。
JTたばこワールドというページに72個ほどあります。

http://www.jti.co.jp/sstyle/manners/ad/gallery/index.html

例えば、

d0128520_1438692.gif
 「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった」
 A lit cigarette is carried at the height of a child’s face.

とか、

d0128520_14383467.gif
 「人ごみって言うけれど、何人からが人ごみなんだろう」
 I don’t smoke in a crowd…
 but how many people does it take to make a crowd?

とか、

d0128520_14385537.gif
 「犬と散歩すると、いつもより吸いがらが目につく」
 The cigarette butts are always more noticeable when I’m walking my dog.

とか、です。
 

これら広告のねらいはいったい何だろうと一度考えてみてください。

私には、たばこは生活の中にぴったりとしみついているのでなくすことはできないものだという大前提が感じられます。

上記の文面をもう一度1つずつ読んでみましょう。

1番目は、歩行喫煙すると、たばこを持つ手は子供の高さになると改めて気づいたということですが、たばこを吸うとどうしてもそうなってしまうので周りに子供がいたら気をつけて吸うように心がけましょう、ということが言いたいのかなと。

2番目は、私は人ごみでは吸わないけれど、それほど多くなければその人たちが吸ってもいいよと言ってくれさえすれば吸ってもいいはずだが、何人なら吸えなくなるのだろうか?などとわけのわからないことに話が進めています。
「吸ってもいいですか。たばこを取り出しながら聞いていた」というのもありましたが、吸ってもいいか?と断りさえすれば、吸ってもいいでしょ!と言いたいのかなと。

3番目は、吸い殻は携帯灰皿などに入れて持ち帰る様にマナーを守りさえすれば吸ってもいいはずだよね、という暗黙の了解があるのかなと。

これらはどれもまちがったことは言っていませんね。従ってタバコも世の中にあっても別に構わないんじゃない!、タバコはマナーさえ守れば吸ってもいいんじゃない!などと世間に思わせるための広告かと理解しました。

タバコは、単なる悪ふざけ、ごまかし、撹乱ではすまない、決して容認できない危険な商品でかつ規制の対象であるという大前提を忘れてはなりません!

           (禁煙促進チーム 立山義朗)
by hiro-nishi-mc | 2013-03-27 14:36 | タバコラム
   
> 最新の記事
> 検索
> 画像一覧