> 以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
12.タバコと病気(6)百害あって一利?

12.タバコと病気(6)百害あって一利?

 『毒のかんづめ』の異名をもつタバコに百害があるのはよく理解できます。

 ところがなぜかいくつかの病気についてはその発症リスクを下げることが知られています。
 それは、潰瘍性大腸炎、パーキンソン病、原発性硬化性胆管炎、テュレット症候群(チック症状)です。
d0128520_1914484.jpg
 潰瘍性大腸炎は発熱、粘血便を主徴とする、原因不明の大腸の非特異性炎症性疾患で20~40才代の男性に好発します。

 潰瘍性大腸炎を高頻度に併発する原発性硬化性胆管炎は肝内外の胆管に不連続性に線維化が起こって硬くなり、炎症を繰り返したり、肝硬変に進展したりする疾患で、自己免疫機序が原因として考えられています。

 パーキンソン病は安静時振戦、筋固縮、寡動などを主症状とし、中脳黒質のドーパミンを産生する神経細胞が変性、脱落していく疾患で中年男女に発症します。

 テュレット症候群は首をふるなどの運動チック症状や咳払いなどの音声チック症状が主症状で小児期に発症します。

 これらはどれも罹りたくない疾患であることはまちがいありませんが、だからと言ってタバコを吸いましょうなどとは決して言えませんね。
 なぜならタバコには多くのがんの発生や心臓や脳の虚血障害、そして肺の障害といった、命に直接かかわる疾患に罹るという、あまりにも大きいリスクがあるからです。

 又、喫煙者にしてみればタバコはリラックスできるし、ストレス解消になると信じている人も少なくないでしょうが、これは血中ニコチン濃度が下がったために起こる禁断症状が一時的に解消されただけの、極めて短時間のまやかしの満足感にすぎない現象なのです。

 従って、タバコは『利』がゼロとは申しませんが、限りなくゼロに近いしろものであることは賢明なあなたならわかっていただけますね。

                          (TCT 立山義朗)
by hiro-nishi-mc | 2010-01-18 19:15 | タバコラム
第2回 画像による病理診断クイズ 解答

 第2回病理診断クイズの回答です。

 このクイズコーナーは病理形態診断の専門領域なので、見ても何が何やらさっぱりわからん!と思うかも知れませんので、『もっとこんな風にしてはどう?』というアドバイスやご意見・ご提案などありましたら、ぜひ当方(立山:tachiyama@hiroshimanishi-nh.hosp.go.jp)までお知らせください。どうすればもっとおもしろくなるだろうかといろいろ試行錯誤している段階ですので。

 ***************************

 第2回の解説です。

 問題に周堤を有する2cm第の潰瘍とありますが、胃の潰瘍です。臓器名がなく失礼しました。

 さて、写真を順に説明します。
d0128520_1714556.jpg
 画像1:胃生検でつまりとられた3個程度に分かれた小さな組織片です。
 青く見える部分(細胞の核が密集)が広汎に見られ、何やら異常な細胞増殖集団がありそうです。
d0128520_1725265.jpg
 画像2:少し拡大を上げると、既存の胃粘膜組織はほとんど見られず、不規則に細胞集団が集まっているのがわかります。
d0128520_174393.jpg
 画像3:右上のピンク色の部分は浸出物に好中球など炎症細胞の核破砕物が混在した壊死組織(=文字通り部分的に壊れて死んだ細胞集団)です。
 大部分は細胞の集まった領域(濃い青い部分)で、これらは通常のリンパ球よりは大きく、核クロマチンの濃染した異型的(=正常とはちがった形状)なリンパ球類似の異常細胞です。
 前回の低分化腺癌かも知れないし、悪性リンパ腫も疑われるのでまずリンパ球マーカーの有無を免疫染色という方法で鑑別します。
d0128520_17201661.jpg
写真のようにBリンパ球マーカー(CD20)陽性であり、B細胞性悪性リンパ腫(本例は細胞が大型なのでびまん性大細胞型Bリンパ腫)と診断されます。
 この写真で抜けて見えているところは既存の胃粘膜上皮です。
by hiro-nishi-mc | 2010-01-18 17:04 | 病理クイズ解答
第1回 画像による病理診断クイズ 解答

 明けましておめでとうございます。

 予定よりちょっと遅くなりましたが、第1回 画像による病理診断クイズの解答です。

 病理医が毎日顕微鏡で何をのぞいているのか、今回から少しですけどお見せします。

 病理医自身の診断がまちがっていたらどうするかって?

 一応、診断が正しいと思っている(つもりの)症例を選んで出しますのでご心配なく。

  ***************************

第1回の解説: 

 弱拡大:まず全体をながめて、診断のために有用な箇所にねらいを定めます。大半は壊死性組織(潰瘍底)で、この部分だけだと診断に至らないことがあります。

 中拡大:正常の構造がみられず、正常にはみられない、大型で濃く染まる核をもつ細胞集団がみられます。腺管構造はあまりはっきりしません。

 強拡大:強拡大では細胞の特徴を観察します。細胞質が比較的広い異常な細胞集団であることがわかります。

 以上より、低分化腺癌(Group V) と診断しました。

 内視鏡的に悪性リンパ腫も疑われていましたが、癌では陽性ですが、悪性リンパ腫では陰性となるAE1/AE3(サイトケラチン)の免疫染色では陽性でした(下図)。
d0128520_17483956.jpg

by hiro-nishi-mc | 2010-01-05 17:51 | 病理クイズ解答
   
> 最新の記事
> 検索
> 画像一覧