人気ブログランキング |
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
9.タバコと病気(4)動脈硬化症

9.タバコと病気(4)動脈硬化症

 動脈硬化症とは文字通り本来弾力のある、丈夫な動脈の壁が厚く、硬く、脆くなり、血液の流れが悪くなり中がつまりやすくなったり、壁が破れたりして、様々な臓器障害が起こる病気です。

 特に命に直接かかわる心臓や脳の動脈に起こりやすく、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などがよく知られています。病理学的には動脈の内側が傷つき、血管の壁の中にコレステロールなどの脂肪成分が貯まり、粥状(じゅくじょう)変性**がみられます。

d0128520_14143626.jpg 動脈硬化症は大なり小なり、加齢と共に誰にでも起こってきますが、タバコ、高血圧、糖尿病、脂質異常症(以前は高脂血症と呼んでいました)などの危険因子が加わると加速して進行していきます。

 特に、タバコの煙に含まれるニコチンは血管を締めて細くしますし、活性酸素は、血管の内側の細胞(内皮細胞と言います)を障害して粥状変性を起こしやすくすることがわかっています。動脈硬化は、いわば古くなってさびついたり、汚れがついた血管と言えるでしょう。

 動脈硬化症の恐ろしいところは、知らないうちに進行していくことであり、何も症状がないから大丈夫と思い、タバコを吸い続けていると、ある時突然、死に至る病いが起こることです。家族を悲しませないためにもタバコをやめましょう。

脳卒中とは脳出血や脳梗塞のような脳の血管障害によって、突然意識がなくなったり、手足が動かなくなったりする病気のことです。

**変性(へんせい)とは生きている細胞や組織にさまざまな物質が量的、質的に異常に出現してくる変化を意味します。
                          (TCT 立山義朗)
by hiro-nishi-mc | 2009-05-21 14:18 | タバコラム
8.世界禁煙デー(World No Tobacco Day)

8.世界禁煙デー(World No Tobacco Day)

 1988年4月7日に第1回世界禁煙デーが設立されました。第2回世界禁煙デー以降は5月31日を世界禁煙デーとすることが決定され、現在に至っています。毎年WHOは禁煙スローガンを掲げており、2009年5月31日の第22回世界禁煙デーは『Tobacco Health Warnings(警告!タバコの健康被害)』です。WHOは、地球上に蔓延しているタバコによる健康被害をなくすために、この世からタバコを排除していく!という立場を明確にしています。特に私たち医療者はこれの流れに同調していくことがつよく求められます。

d0128520_8591580.jpg
 これまでのWHOの禁煙スローガンは以下の通りです。

 第21回 2008年:『Tobacco Free Youth(若者からタバコを遠ざけよう)』
 第20回 2007年:『Smoke Free Environments(タバコのない環境、室内は禁煙)』
 第19回 2006年:『Tobacco: Deadly in any Form or Disguise(タバコはすべて有害、みかけにだまされるな)』
 第18回 2005年:『Health Professionals against Tobacco, Action and Answers(タバコ対策に取り組む保健のプロなら行動を起こして成果を出そう)』
 第17回 2004年:『Tobacco and Poverty(タバコと貧困:その悪循環から逃れよう)』
 第16回 2003年:『Tobacco Free Film, Tobacco Free Fashion, Action!(タバコと無縁の映画やファッションへ、さあ行動を起こそう!)』
 第15回 2002年:『Tobacco Free Sports, Play it Clean!(タバコとスポーツは無縁です、きれいな環境でプレーしよう!)』
 第14回 2001年:『Second-hand Smoke Kills. Let’s Clear the Air.(他人の煙が命をけずる:タバコの煙のないきれいな環境にしよう)』
 第13回 2000年:『Tobacco Kills. Don’t be Duped.(タバコによってみんなの命がけずられる:タバコにだまされるな)』
 第12回 1999年:『Leave the Pack Behind.(タバコにサヨナラ)』
 第11回 1998年:『Growing Up without Tobacco(無煙世代を育てよう)』
 第10回 1997年:『United for a Tobacco Free World(タバコのない世界をめざして手をつなごう)』
 第 9回 1996年:『Sports and the Arts without Tobacco(スポーツと芸術はタバコのない環境で)』
 第 8回 1995年:『The Economics of Tobacco Control!(想像以上に大きいタバコによる経済損失!)』
 第 7回 1994年:『The Media and Tobacco: Getting the Health Message Across(メディアとタバコ:健康へのメッセージを広めよう)』
 第 6回 1993年:『Health Services: Our Window to a Tobacco Free World(医療機関はタバコのない世界に開く窓になるべきだ)』
 第 5回 1992年:『Tobacco Free Workplaces: Safer and Healthier(タバコのない職場はもっと安全な環境になり、そして、働く人達はもっと健康になる)』
 第 4回 1991年:『Public Places and Transport: Better be Tobacco Free(公共の場所や交通機関は禁煙であるべきだ)』
 第 3回 1990年:『Growing Up without Tobacco(子どもに無煙環境を)』
 第 2回 1989年:『The Female Smoker: at Added Risk(女性喫煙者に高まる疾病リスク)』
 第 1回 1988年:『Tobacco or Health: Choose Health(タバコと健康のどちらを選びますか?当然健康ですね)』

(TCT 立山義朗)
by hiro-nishi-mc | 2009-05-18 09:02 | タバコラム
   
> 最新の記事
> 検索
> 画像一覧