> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
タバコラム92.禁煙の日にひとこと(74)~気になることば~


 タバコラム92.禁煙の日にひとこと(74)
    ~気になることば~


 ずっと気になることばがあります。

 まず、たばこ煙草も。タバコはご存じのようにtobacco(タバーコ)という外来語(英語)から日本語になったもので、もともと日本にあったものではありません。従いまして、外来語はカタカナ表記が本来の姿です。たばことか煙草と書くと、昔から日本にあるものと勘違いしたり、とてもやさしげな誤った印象を受けます。

 その続きですが、新幹線の車内放送でいつも聞かされる、「おたばこをお吸いになるお客様は、、、、、」の「おたばこ」。酒とタバコはよくセットで語られるから、お酒、おたばことなったのでしょうが、お酒はともかく、外来語に「お」をつけるのは明らかにおかしい。

d0128520_17262371.jpg

(左の写真は今年の「大竹ふれあい健康福祉祭り」に健康相談を出展した立山(左)と禁煙チームの生田先生です)

 最後に、愛煙家と嫌煙家。煙とはタバコのことであり、好きか、嫌いかと聞かれれば、当然嫌いです。しかし、タバコ問題は好き、嫌いという低い次元の話ではなく、世間で、いや、世界で騒がれているように、人々が健康に生きるためにみんなで対策をしていくべき重大な健康問題となっています。



 健康増進法改正案が全くまとまらないからと思われますが、「飲食店
150m2以下は喫煙可能、見直し期限もなし」という厚労省案がつい先日紙上発表されました。

 本当に厚労省がこのような案を出すのか疑問に思うところですが、国は国際的に恥をかかぬよう、国民の健康を第一に考えるよう、今度こそタバコ問題(特に受動喫煙対策)に真っ当な舵を切ってほしいものです。
         
      (禁煙推進チーム: 立山 義朗)


[PR]
# by hiro-nishi-mc | 2017-11-21 17:38 | タバコラム
タバコラム91.禁煙の日にひとこと(73)~スタジアムと禁煙~


 タバコラム91.禁煙の日にひとこと(73)
       ~スタジアムと禁煙~


 自分はプロ野球観戦が大好きで、20年ほど前、まだ独身で国立呉病院にいたころは、年間数十試合、見に行っていました。
 最近はさすがに若い頃のような体力もなくなり、年間数試合、チケットがとれたときにマツダスタジアムに行く程度です。
 ここ数年は取れなくなりましたねぇ。
 かつての広島市民球場でチケットの心配をすることはなかったですが。


 ベースのチームはもちろん広島東洋カープですが、対戦カード問わず、あらゆるところに出向きました。本拠地球場だけでも、広島市民球場は当然として、東京ドーム、横浜スタジアム、明治神宮野球場、ナゴヤ球場・ナゴヤドーム、阪神甲子園球場、西武ライオンズ球場・西武ドーム、千葉マリンスタジアム、藤井寺球場・大阪ドーム、グリーンスタジアム神戸、福岡平和台球場・福岡ドームと、ありとあらゆる球場を巡っていました(ま、以前書いたように、乗り物オタクでもありますので)。d0128520_18224874.jpg


 横浜スタジアム 
 2007年9月17日
 (横浜vs広島)

d0128520_18224825.jpg


明治神宮野球場
2014年9月23日
(ヤクルトvs広島)


d0128520_18224916.jpg




 東京ドーム 
 2007年9月16日
 (巨人vs広島)

かつて、露天の球場はもともとどこも喫煙可で、広島市民球場もそうでした。7回裏のジェット風船に、タバコの煙を吹き込んで飛ばしている人がいたことを思い出します。

 調べたわけではないですが、スタジアムの禁煙のはしりは恐らく東京ドームです。開場は1988年で、当時は公共の場所での禁煙がそんなに進んではいませんでしたが、エアドームであるがゆえ、禁煙にせざるを得なかったというのが本当のところと思われます。

 そうしているうちに、ドーム球場だけでなく、露天の球場も客席の禁煙がすすんでいきました。広島市民球場も全席禁煙となり、1塁側内野1階席の後方の壁(2階席の下)に大きく「禁煙」と書かれていました(写真がなくてすみません)。

 現在、マツダスタジアムは、客席は全席禁煙で、喫煙可能なエリアが計5カ所に設けられています。バックスクリーン後方ややレフト側、3塁側B指定席後方、ライト側カープパフォーマンス席の下、1塁側A指定席後方、3塁側ビジターパフォーマンス席の下です。

 詳しい場所はマツダスタジアム公式HPをごらん頂くとして、愛煙家の方々には残念なことに、いずれの喫煙エリアからも、グラウンドはほとんど見ることができません。

 せっかくきれいなスタジアムに来たのですから、熱いゲームといっしょにきれいな空気を心の底から楽しんでみてはいかがでしょうか。

(禁煙推進チーム: 副薬剤部長 幸吉 明)


[PR]
# by hiro-nishi-mc | 2017-10-23 19:03 | タバコラム
タバコラム90.禁煙の日にひとこと(72)~東京都受動喫煙防止条例案発表と喫煙と糖尿病発症リスクについての論文から~
 タバコラム90.禁煙の日にひとこと(72)
  ~東京都受動喫煙防止条例案発表と喫煙と
      糖尿病発症リスクについての論文から~

 暑い夏がやっと終わり秋の気配がしてきました。
 禁煙促進チームの生田です。

*東京都が受動喫煙防止条例案
 2020年の東京オリンピックを控えて、先日、東京都が受動喫煙防止条例案を発表しました。
d0128520_11530547.jpg
 条例案は現段階ではあくまでも案に過ぎないので、これに対して都民の意見を10月6日まで募るとの事でした。 喫煙対策は自治体によって異なっており、全国一斉に法制化される事ではないでしょうが、首都東京の動向は他県にも影響を及ぼすかもしれませんね。
 広島では第3種施設(飲食店、物品販売店舗等)は管理者が施設の入り口に「禁煙」、「分煙(分煙の内容)」、「喫煙可」のいずれかの表示をする義務がありますが、これは罰則のない強制力のない義務とされている様です。

*喫煙が2型糖尿病の発症リスクを高める
 さて、喫煙に関する医学の話題を探していた所、見つかりました。
d0128520_14041705.jpg

 国立国際医療センターのShamima Akter先生、溝上哲也先生らの論文によると、日本において喫煙と2型糖尿病の発症リスクに関する前向き観察研究をメタ解析したところ、現在、タバコを吸っている方は、喫煙歴のない方と比べて1.38倍、2型糖尿病を発症するリスクがある。過去にタバコを吸っていた方は、1.19倍のリスクがある事が判ったそうです。
d0128520_14052570.jpg
 また、1日当たりの喫煙本数が増えるのに比例して2型糖尿病の発症リスクも上昇するといった知見が得られたそうです。

 さらに受動喫煙によっても2型糖尿病の発症リスクが20%高まるそうです。

 肥満や運動不足、栄養過多以外にも、喫煙が糖尿病の発症リスクに関わっているとは驚きですね。

*2型糖尿病の発症に対する禁煙の効果
d0128520_14075735.jpg
 禁煙すると糖尿病の発症リスクはどうなるかというと、禁煙期間が延びていくにつれて、発症リスクは減っていき、10年以上禁煙を続けると喫煙歴のない方と同程度のリスクになるそうです。

 一方で、禁煙に伴って体重が増加するため、糖尿病の発症リスクが高まるという報告もあり、この辺りは今後も議論のある所かもしれません。

 皆さんはどう思われますか?

 禁煙して体重が増加し糖尿病の発症リスクが高まることもあるかも知れませんが、タバコが原因の多くの病気の発症を考えると、禁煙のメリットの方がはるかに大きいですね。

      (広島西医療センター総合診療科 生田卓也)

[PR]
# by hiro-nishi-mc | 2017-09-22 14:10 | タバコラム
タバコラム89.禁煙の日にひとこと(71)~『子宮頸癌の若年化と女性の喫煙』についての論考から~

 タバコラム89.禁煙の日にひとこと(71)
 ~『子宮頸癌の若年化と女性の喫煙』についての論考から~
 

 長年、子宮頸癌の診療にあたってこられた西村隆一郎先生より、『子宮頸癌の若年化と女性の喫煙』と題する論文を読ませていただきました(日婦腫瘍会誌 2014;32(4):739-749)。
d0128520_12073551.jpg
 子宮頸癌の罹患率は、1980年には更年期以降の女性が主体を占めていましたが、2005年になると25~44才の女性が主体を占めてきました(左図2)。d0128520_12080406.png







 子宮頸癌による死亡率も下げ止まり、むしろ増加傾向すら示しています(右図8)。






d0128520_12073975.png
 一方、喫煙率はと言うと、男性はどの年代も減少の一途をたどっているのに対し、女性では1980年頃までは喫煙女性の多い年代は50才以上であったのが、1990年以降には20~40才代女性が大半となり、2002年頃まで増加し続けていました(左図4)。

 一方、米国における喫煙(あるいはタバコ消費量)と肺癌死亡率との関係では20~30年のタイムラグで減少が見られてきたことは有名ですが、日本においても1968年にタバコ消費量がピークとなり漸減するに従って、1998年に肺癌死亡率がピークとなってからは減少に転じていることから、両者の関係には約30年のタイムラグがあると考えられています。

 そうすると、喫煙と子宮頸癌の場合、10~20年という、肺癌よりも短いタイムラグで死亡率あるいは罹患率と相関しているのではないかと考えられています。

 さらに、子宮頸癌はHPV感染が原因と考えられていますが、喫煙すると、まず、HPVに感染しやすくなり、次いで軽度異形成から高度異形成や上皮内癌に進展しやすくもなり、さらに上皮内癌から浸潤癌へも進展しやすくなるとのデータも知られています。

 日本よりも女性の喫煙率が高いとされる韓国で子宮頸癌の死亡率が2005年頃まで急増している(上図8)ことをみても若年女性の禁煙キャンペーンの必要性を物語っています。

 受動喫煙についても能動喫煙ほどではないにしろ、影響があることはまちがいありません。また、閉経期前の乳癌罹患率や死亡率の増加についても喫煙の影響があるとされており、性成熟期女性が子宮頸癌で死亡することを防ぐことは少子化対策において重要なポイントであることはまちがいありません。
 
                  (禁煙促進チーム 立山 義朗)

[PR]
# by hiro-nishi-mc | 2017-08-25 12:51 | タバコラム
タバコラム88.禁煙の日にひとこと(70)~禁煙本の決定版が出ました!~


 タバコラム88.禁煙の日にひとこと(70)
   ~禁煙本の決定版が出ました!~


 禁煙センセイこと、岡山済生会病院呼吸器専門の川井治之先生による、 「頑張らずにスッパリやめられる禁煙」というタイトルの本が、20177月に出版されました。


d0128520_23065270.jpg
 ニコチン依存症について、なぜタバコがやめられないのか?、なぜやめていたのに再び吸い始めるのか?などといった疑問に、快楽物質であるドーパミン、気分調整物質であるセロトニンの薬理作用を説明しつつ、実に明解な解答が書かれています。 では、どうすれば、表題のように頑張らずにスッパリやめることができるのか?については、この本の中心テーマですが、3つの依存について、それぞれの依存に対する対処法が具体的、実践的に用意されていますのでぜひ本文をお読みください。

 ちなみに3つの依存とは、 「身体的依存」、「心理的依存」、「習慣的依存」のことです。

そして、認知的不協和というわかりにくい用語の解説もわかりやすく書かれています。
 一言で言えば、
頭でわかってはいるけど(本当はわかっていない?)、何やかやと理屈をこねて、喫煙行為についてあえて正しくとらえようとしないこととでも言えるかと思いますが、何とも落ち着かない、気持ち悪い状況を表した言葉です。


 医師や大学教授であっても、タバコを擁護することを平気で
公言することも認知的不協和に相当するかと思います。

 さらに、この本には、今流行りのマインドフルネスともからませて、タバコをやめると前頭前野領域が活性化して、自律的、自主的に人生を送ることができるようになり、考え方が極めてポジティブな人になれることが述べてあります。
 私の経験からいっても、まさしくその通りと思います。
 タバコをやめた人たちが、口をそろえて、タバコを止めて本当に良かったと言っているのもこのことに気づいたからだと思います。

 タバコをやめることがゴールではありません。
 タバコをやめることは、健康生活を始める第一歩、スタート地点に立つ!ということなのです。

 この本は、タバコをやめたいと考えている人はもちろんのこと、タバコは絶対にやめないと思っている人、タバコなんて自分に関係ないと思っている人、タバコをやめさせたいと思っている家族の人や医療関係者の人たち皆さんにぜひ読んでいただきたい一冊です。

       (
禁煙促進チーム 立山義朗)



[PR]
# by hiro-nishi-mc | 2017-07-19 23:28 | タバコラム
   
> 検索
> 画像一覧