<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
タバコラム81.禁煙の日にひとこと(63)~禁煙促進チームの活動と受動喫煙について~

 タバコラム81.禁煙の日にひとこと(63)~禁煙促進チームの活動と受動喫煙について~


 2016年も師走に入り、もう残すところあとわずかになってまいりました。
 今年、禁煙に取り組まれた方は上手くいってますでしょうか?

 今秋の禁煙促進チームの活動と、今熱い議論がかわされている受動喫煙について少し書いてみたいと思います。

*当院の今秋の禁煙促進チームの活動
 平成28年10月1日に開催された『広島西医療センター祭り』にて、禁煙ブースを設置して禁煙相談を行いました。
 ステージや屋台の賑やかさから離れて禁煙ブースを訪れた方は5名と少数でしたが、スモーカライザー(呼気CO濃度測定器)で呼気中のCO濃度を測ったり、ニコチン依存症の問診票(TDS)をとったりしながら、禁煙について一緒に学んで頂きました。
d0128520_14484834.jpg
広島西医療センター祭りの禁煙促進チーム+α(禁煙ブース終了後に撮影)

 10月23日にはサントピア大竹で開催された『大竹市健康福祉祭り』でも同様に禁煙相談を行いました。
 こちらの方には、多数の相談者が来られて、大竹市民の中でも健康への関心が強い方々がたくさんおられるのだなと感心いたしました。

*クローズアップ現代
 2016年12月14日(水)に、NHKクローズアップ現代で『どうなる?たばこ″新ルール″広がる波紋』が放映されました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3908/index.html
 東京オリンピックに向けて、日本の喫煙対策は遅れているとWHOの担当者が話をしていました。 また、厚生労働省が受動喫煙防止に関する法律のたたき台を発表した事などについて報道されていました。
 今後、公共機関や飲食店などでも受動喫煙に対する規制が強化されていくと思われます。
 興味のある方はNHKオンデマンドで視聴が出来る様です。(有料の様です)

*受動喫煙について
喫煙者が自ら禁煙治療を受けることも大事ですが、非喫煙者への受動喫煙(second hand smoke)の曝露を防いでいくという事がわれわれの住む社会にとってより重要になってきたと言えます。

 今後、職場や公共機関では受動喫煙対策が進んでいくことが期待できますが、家庭ではどうでしょうか?自家用車の中などではどうでしょうか?
 家庭は喫煙対策が最も遅れてしまう領域かもしれません。また、家庭での喫煙に最も影響を受けるのは子供達かもしれません。
 喫煙をしているお父さん、お母さん達はそういった自覚を持って頂きたいものです。そして喫煙や禁煙について一緒に学んでいきましょう。

 来年も広島西医療センター禁煙促進チームはいろいろと活動をしていきたいと思います。タバコラムともども引き続きよろしくお願いいたいます。

             (禁煙促進チーム 生田 卓也(総合診療科))
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2016-12-27 14:54 | タバコラム
タバコラム80.禁煙の日にひとこと(62)~タバコの新ルール!クローズアップ現代+から~

 タバコラム80.禁煙の日にひとこと(62)
   ~タバコの新ルール!クローズアップ現代+から~


 番組の内容は下記を参照ください。
 https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3908/

 前回と関連した内容ですが、12月14日(水)のクローズアップ現代+でとりあげられた、タバコの新ルールをテーマとした番組について少し意見を述べたいと思います。

 厚生労働省が受動喫煙防止に関する法律のたたき台を10月に提出してから、いろんな業界から波紋が広がっているようです。
d0128520_17352948.jpg
(組市松紋:くみいちまつもん 東京五輪2020のエンブレム)


 大まかに次のように説明されました。

 ①病院や学校などは敷地内禁煙、
 ②役所や運動施設などの公共施設は建物内禁煙、
 ③飲食店や遊技場などは原則建物内禁煙、
 ③の場合完全に区切られたスペースなら喫煙可能、そして①~③の違反は罰則あり、


 という内容です。

 禁煙(タバコのない世界)が当たり前と思っている人たちにとっては、②、③も①なみの規制を望みたいところですが、まずは一歩前進と言う意味では上記の内容に賛成です。

 どうして、これほど受動喫煙にうるさい世の中になったかということですが、2020年の東京での五輪開催までに受動喫煙防止を法制化しないといけないという点が一番大きな理由でしょう。

 受動喫煙を防止する理由として、
 ①受動喫煙により、毎年日本で約15,000人死亡していること、
 ②肺がん、脳卒中、虚血性心疾患が約1.3倍増加する

という科学的エビデンスがこのたび国立がん研究センターから発表されました。

 JTがこのことについて反論をホームページ上で載せたけれど、それに対してたくさんの文献をつけて国立がん研究センターが反論したところ、JTからは今のところ何も反論してきていないようです。

 この番組の中で、加熱式タバコ(iQOS)のことが紹介されていましたが、タールはほとんど含まれず、目に見えないし、においのする煙も発生しないようですが、呼出煙に水蒸気に混ざってニコチンやアセトアルデヒドといった有害物質が放出されるようなので問題は残る代物だと考えられます。

 最後に、この番組では詳しく触れられませんでしたが、受動喫煙防止についての法制化にあたり、喫煙できる職場で働かざるを得ない労働者たちや、喫煙者のいる家庭のこどもたちや同居している病弱な人たちといった、自ら受動喫煙から逃れようのない弱者たちを守ってあげるという視点も非常に大切なところだと認識しています。

                (禁煙促進チーム 立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2016-12-20 17:45 | タバコラム
   
> 検索