<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
タバコラム76.禁煙の日にひとこと(58)~NHK きょうの健康から~

 タバコラム76.禁煙の日にひとこと(58)~NHK きょうの健康から~

 タバコラム75で研修医の小田先生に喫煙率のことに触れてもらいましたが、今年7月末にJTから最新の喫煙率調査結果の発表がありました1)。それによると、男性は年々喫煙率が低下し、2016年には29.7%と初めて30%を切ったようです。女性は9.7%とほぼ横ばい、男女合わせて19.3%と20%を切っています。

d0128520_924934.jpg さて、8月10日(水)にNHK きょうの健康の放送で「禁煙 受診が成功のカギ」と題して、東京慈恵医大の村松弘康先生が短い時間でしたが、タバコに関して知っておかなければならないことだけを実にわかりやすく説明してくださいました2)。NHKオンラインもありますので実際に放送を見ていただくのが一番いいのですが、私からも特にここを強調したい!というところをいくつか取り上げてみたいと思います。
1)タバコをやめたいと思っている人は、男女とも60%前後、自力で禁煙に成功した人は10%未満です。

2)タバコは、肺がんだけではなく、心筋梗塞、脳卒中、COPD、肺がん以外のがんなどたくさんの命にかかわる病気に関係し、タバコがこれらの病気の死亡率を高めています。

3)タバコは、肺がん以外にも喉頭がん、食道がん、膵臓がん、肝臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなどを始め、全身諸臓器のがんに影響を及ぼします。

4)タバコを吸うと男性で8年、女性で10年寿命が短くなると言われています。

5)タバコは予防可能な最大の死亡原因です(WHO)。

6)タバコは、受動喫煙によって年間約15,000人(脳卒中 約8,000人、心筋梗塞・狭心症 約4,500人、肺がん 約2,500人)死亡しているとの推計があります。

7)乳幼児突然死症候群という病気はタバコが重要なリスク要因で、受動喫煙により年間約70人死亡していると推計されています。

8)自由に喫煙可能な居酒屋では、PM2.5の濃度は北京の最悪の状況と同じ程度に汚染されているとのデータがあります。

9)タバコをやめたくてもやめることができないのは、意思が弱いわけではなく、ニコチン依存症にかかってしまい、脳がニコチンなしではがまんできなくなっているからです。

10)禁煙補助薬には、飲み薬(バレニクリン)、貼り薬(ニコチンパッチ)、ニコチンガムがあり、飲み薬は医師の処方が必要です。

11)禁煙外来を受診することで、禁煙補助薬を使用しながら、ニコチン依存状態を客観的に理解し、禁煙の意欲や目的を明確にさせて、禁煙中にタバコを吸いたくなった時の対処法(体を動かす、別の事に集中する、水を飲むなど)も知り、比較的楽に禁煙することができます。

12)禁煙成功率は、自力では10%未満であるのに対し、飲み薬では70%と言われています。

13)禁煙治療は施設基準を満たしている医療施設であれば、保険診療が可能で、H28年度からブリンクマン指数(タバコ1日本数×年数)が200以上という条件は35歳未満には問われなくなりました。


最後に、喫煙している人はNHK健康ホームページ3)もぜひご覧になり、禁煙に成功され、健康生活に転換されることを心から望んでいます。

参考にしたサイト

1)https://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2016/0728_01.html
2)http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2016/08/0810.html
3)https://bh.pid.nhk.or.jp/health/search.html?keyword=%E7%A6%81%E7%85%99


               (禁煙促進チーム 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2016-08-22 09:26 | タバコラム
   
> 検索
> 画像一覧