<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
タバコラム42. 禁煙の日にひとこと(24) ~川根博司先生の論文から~
 タバコラム42. 禁煙の日にひとこと(24)
   ~川根博司先生の論文から~


 今回はPharma Medica 2013;31(9):45-48にCOPD発症・進展の予防と題する論文からおもしろいところを紹介します。

d0128520_13142790.jpg
 COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease, 慢性閉塞性肺疾患)は有害物質吸引による肺の炎症に伴う、中枢気道から肺末梢におよぶ病変で、吸気時の気道抵抗の高まりから吸った空気を吐き出しにくくなる進行性の肺の病気です。

 主なリスク要因として喫煙、粉じんや化学物質曝露、大気汚染などがありますが、この中で喫煙が最も重要です。なぜならCOPD患者の約90%は喫煙者と言われており、禁煙がCOPD改善のためにはまず行わなければならない医学的対応だからです。

 ちなみに11月20日は世界COPDデーです。

d0128520_14112225.jpg さて、本題の川根博司先生(日赤広島看護大学 名誉教授:右の写真のDr.です)の論文の中におもしろいことが書かれていましたのでいくつか紹介します。

1)MPOWER
 WHOが世界各国がとるべきタバコに対する6つの政策で
  ①Monitor tobacco use and prevention policies
    (タバコの使用と予防政策をモニター)
  ②Protect people from tobacco smoke
    (タバコ煙から人々を守る)
  ③Offer help to quit tobacco use
    (禁煙支援を提供)
  ④Warn about the dangers of tobacco
    (タバコの危険性を警告)
  ⑤Enforce bans on tobacco advertising, promotion and sponsorship
    (タバコ広告、販売促進、スポンサーシップの禁止を要請)
  ⑥Raise taxes on tobacco
    (タバコ税の引き上げ)
 の6つをあげています。

2)行動変容の5つ(あるいは6つ)のステージ
  ①未企画(無関心期、前熟考期)
  ②企画(関心期、熟考期)
  ③準備
  ④実行
  ⑤維持、
  ⑥逆戻り(再発) で

 喫煙者に当てはめると、
  ①禁煙に全く興味なし
  ②6ヶ月以内に禁煙したい
  ③ただちに(1ヶ月以内に)禁煙したい
  ④禁煙を始めて6ヶ月以内
  ⑤禁煙を6ヶ月以上継続
  (⑥再び喫煙者へ逆戻り)

3)禁煙指導における5Aのアプローチ(「た行」のアプローチ)
  ①Ask(た:たずねる)
  ②Advise(ち:忠告する)
  ③Assess(つ:つもりを確かめる)
  ④Assist(て:手伝う)
  ⑤Arrange(と:取り決める)

4)禁煙指導における5Rによる動機づけ(「か行」の動機づけ)
  ①Relevance(か:関連)
  ②Risks(き:危険性)
  ③Rewards(く:繰り返し)
  ④Roadblocks(け:懸念)
  ⑤Repetition(こ:効果)

5)禁断症状への4Dの対処法(「さ行」のセルフケア)
  ①Delay(さ:吸わずに数分間先送り)
  ②Deep breathe(し:吸いたくなったら深呼吸)
  ③Drink water(す:タバコを吸う代わりに水分摂取)
  ④Do something else(せ:背伸び(ストレッチ)をする、そ:そのほかに何かする)

おまけ)楽々!卒煙あいうえお(京都のタバコフリーを進める会より)
  ①あ:あかるくやめよう!
  ②い:いっきにやめよう!
  ③うごいてやめよう!
  ④えんをむすんでやめよう!
  ⑤おきあがりこぼしでやめよう!


 <<禁煙治療のためのたいへん役立つ参考文献2つ>>

  ・禁煙治療のための標準手順書 第5版 2012年4月
   http://www.j-circ.or.jp/kinen/anti_smoke_std/

  ・禁煙治療マニュアル 日本呼吸器学会編 
   メディカルレビュー社 2009年6月


            (禁煙促進チーム 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2013-11-22 14:36 | タバコラム
   
> 検索
> 画像一覧