> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第7回画像による病理診断クイズ解答
第7回画像による病理診断クイズ解答

病変(1):胃の印環細胞癌(signet-ring cell carcinoma)

病変(2):胃粘膜の黄色腫(xanthoma)

d0128520_8493354.jpg写真1:
切除胃肉眼写真、病変(1)は早期胃癌IIC病変の一部より、病変(2)は黄色調の平坦な小結節である黄色腫より切片作成。


d0128520_8501375.jpg写真2:
病変1 粘膜内で集簇性に増殖する印環細胞癌。低分化腺癌の一型。(HE染色対物×40)





d0128520_8504779.jpg写真3:
病変2 粘膜内で泡沫状胞体を有するマクロファージの集簇巣。個々の細胞を黄色腫細胞と言う。(HE染色対物×40)



病変(1)、(2)は肉眼像を見れば、一目瞭然であるが、組織像は若干類似しているので注意が必要です。

さらに、印環細胞癌は生検診断時には見落としにも注意が必要となります。例えば、写真4は潰瘍近傍の肉芽組織様ですが、上皮性粘液などが赤紫色に陽性となるPAS染色を行うと印環細胞癌の胞体が鮮明に陽性となります。

d0128520_8513342.jpg写真4:
別症例の胃生検組織像。潰瘍近傍の肉芽組織様に見える。(HE染色対物×40)






d0128520_8515839.jpg写真5:
写真4と同じ切片。(PAS染色対物×40)









なお、印環細胞癌は上皮性なのでサイトケラチン(AE1/AE3)陽性、CD68陰性ですが、黄色腫はAE1/AE3陰性、マクロファージのマーカーCD68陽性です。

d0128520_853829.jpg写真6:
印環細胞癌(AE1/AE3の免疫染色対物×40)








d0128520_8534279.jpg写真7:
印環細胞癌(CD68の免疫染色対物×40)









d0128520_8542648.jpg写真8:
黄色腫(AE1/AE3の免疫染色対物×40)









d0128520_8545077.jpg写真9:
黄色腫(CD68の免疫染色対物×40)









又、黄色腫細胞は様々な疾患で出現します。例えば動脈粥状硬化巣、高脂血症に伴なうことのある眼瞼黄色腫、化学療法や放射線療法後の腫瘍組織などです。写真10は眼瞼黄色腫の組織像です。

d0128520_8552342.jpg写真10:
眼瞼黄色腫(xanthelasma)(HE染色対物×20)


















立山義朗
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2011-04-19 09:10 | 病理クイズ解答
   
> 検索
> 画像一覧