<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第3回 画像による病理診断クイズ 解答

第3回 画像による病理診断クイズ 解説です

画像1d0128520_1415547.jpg
(右示指DIP関節部横断面肉眼像): 白色、チョーク状あるいはモルタル状の塊状物が広い範囲に沈着しています。結核結節、石灰沈着、痛風結節などが鑑別にあがります。


画像2d0128520_14153194.jpg
淡黄色調の 束状結晶構造物を一部に認めます。








画像3d0128520_14155324.jpg
多くは、はけで掃いたような好酸性細線維状物よりなり、その周囲には多数の異物型巨細胞が出現しています。写真にはありませんが、表皮面には好中球浸潤を示す潰瘍を形成し、その周囲にはリンパ球など慢性炎症細胞浸潤を伴い二次的感染が加わっています。

d0128520_14161820.jpg以上より、高尿酸血症(下記)があり、結晶構造物が偏光(写真 弱拡大)を示すことから、痛風結節(gouty tophus)と考えました。




 組織診断:痛風結節 (gouty tophus) 

参考(術前検査データ):
 赤血球数298万/μlで正球性正色素性貧血、
 総タンパク 8.9g/dl,  A/G比 0.42、
 BUN 54.4mg/dl、  クレアチニン2.64mg/dl、
 尿酸12.9mg/dl。

                          立山義朗
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2010-03-04 14:23 | 病理クイズ解答
   
> 検索
> 画像一覧