<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
タバコラム5.タバコと病気(1)がん-その2-

 5.タバコと病気(1)がん-その2-

 12月10日のテレビニュースの報道で、世界の死亡原因の1位はがんであるとWHOが発表したとありましたが、発展途上国における喫煙率増加が影響しているようです。

 さて、タバコによって起こるがんはどの部位に起こりやすいのでしょうか?

 吸い込んだ煙が直接接触する、口腔、舌、鼻腔、咽頭、喉頭、肺といった呼吸器系のがんの発生については容易に想像できます。実際に喫煙者ではこれらの部位のがんの発生リスクは高く、なかでも喉頭がんの相対危険度は非喫煙者の32.5倍も高いことはよく知られています。

d0128520_1443885.jpg ところが、呼吸器系以外にも、食道、胃、大腸、肝、膵といった消化器系や腎、尿管、膀胱といった泌尿器系にもタバコが原因と考えられるがんのリスクが高まることがわかっています。発がん物質が唾液や痰に溶け込んで、それを飲み込めば消化器系に、あるいは肺から血液中に溶け込めば、血液を濾過する腎や、尿が通過する尿路系にも到達しうることがわかると思います。つまり喫煙によって全身あらゆる臓器にがんが起こっても全く不思議はないのです。

 意外なところでは、HPVの持続感染に喫煙が加わることによって子宮頸癌のリスクが高まることが明らかになっており、若い女性の子宮頸癌の増加はこれらの年代の喫煙率増加と関係があるかも知れません。             
                        (TCT 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2008-12-11 14:09 | タバコラム
タバコラム4.タバコと病気(1)がん-その1-

 4.タバコと病気(1)がん-その1-

 タバコは有害化学物質を煙にして放出する製品であり、すぐにでも規制すべき対象であるとの医療者(病理医)としての立場から、タバコと関係すると考えられる、いろいろな病気について今回から簡単に書いていきます。

 まずは 『がん』 から。

d0128520_1347130.jpg がんは『悪性腫瘍』と同じ意味のことばです。つまり『悪性』とはこのまま放置すれば死ぬという意味であり、『腫瘍』とは勝手に無制限増殖し、コントロールできなくなった異常な細胞集団を意味します。もともとは正常だった細胞に遺伝子異常がいくつか積み重なった結果腫瘍が作られますが、そのなかでも悪性の腫瘍をがんと言うわけです。

 よく知られているようにタバコの煙には4,000種類以上の化学物質、約200種類の有害物質、60~70種類の発がん物質が粒子やガスとして存在し、ニトロソアミン類、ベンツピレン、ダイオキシン類、アルデヒド類、活性酸素などが遺伝子異常を起こし発がんと関係しています。

 がんにならないためには能動喫煙をしてはいけないことは言うまでもありませんが、自分が吸い込む煙よりも多くの有害物質を含む副流煙による受動喫煙被害を発生させないことの方がもっと重要です。

             (TCT 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2008-12-10 13:39 | タバコラム
追加ブログ「広島西医療センター別館」オープン

追加ブログ 「広島西医療センター別館」 オープン

先日、東京有楽町国際フォーラムで

  「第62回国立病院総合医学会」  

が開催され、当院からも多数の演題が発表されました。

その際の様子をUPしたいということで、追加ブログ

 「広島西医療センター別館」
 http://sonyme.exblog.jp
/


をオープン致しました。

皆様ぜひ一度ご訪問を!!
 
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2008-12-03 17:20 | 講演会・研修会のお知らせ
   
> 検索
> 画像一覧