> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
カテゴリ:タバコラム( 91 )
タバコラム62.禁煙の日にひとこと(44)~禁煙後太ったけれど・・・~

 タバコラム62.禁煙の日にひとこと(44) ~禁煙後太ったけれど・・・~

 私は広島西医療センター初期臨床研修2年目の土井と申します。

d0128520_14484619.jpg 19歳から35歳までの約17年間喫煙しておりました。  ちなみに現在 39歳独身です。

 話せば長いので詳細は省略させていただきますが、2度目の大学生活はストレスの連続の日々でした。そんな生活の中、タバコは身体のストレスを和らげる特効薬でした。今までに何回となく禁煙を試みて参りましたが、毎回ニコチン中毒というラスボス(注:ゲーム用語で最後の一番難しい対戦相手、ラストボスの略語)の前に屈しておりました。ところが・・・

 ある年の秋にタバコの大幅な(?)値上げがあったのですが軽い気持ちで禁煙をスタート。 当時ソフトテニスを毎日しておりましたが、禁煙3日目くらいから練習中ボールが歪んでみえました。禁断症状(ニコチン離脱症状)なのでしょうか?ニコチン恐るべしです。

 禁煙後数ヶ月くらいまでは忍耐でしたが、その後禁断症状も軽減。しかし、自分が再び喫煙している夢を何回か見ました。そして目覚めた時に『なんだ、夢か』とわかってほっ!としたものでした。

d0128520_14511287.jpg 禁煙によりご飯がおいしくなるとよく聞きますが私の場合は正直・・・わかりませんでした。

 ただ、太っていくスピードは明らかに増していました。心臓への負担が感じられるくらい太っていきました。最高80kgくらいまで太ってしまいました。 
d0128520_14551746.jpg
 しかし、今は禁煙も続けながら、食べ過ぎに気をつけながら20kgの減量に成功し、喫煙していた時よりもはるかに体調良く、臨床研修をがんばっているところです。(写真は現在の私です)
           (禁煙促進チーム:初期臨床研修医 土井 勉)

 ***************************

 軽い気持ちで禁煙をスタート、とありますが、この『軽い気持ち』というのが禁煙成功のキーワードです。できるだけ自分が禁煙していることを意識しないこと、タバコからいかに気をそらせるか、タバコをいかに日常生活から消し去ることができるか、ここが禁煙成功のカギだと私は思います。
 土井先生からも喫煙している人たちに、ぜひ、軽い気持ちで禁煙してみませんか!!と呼びかけて。
           (立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-07-28 15:37 | タバコラム
タバコラム61.禁煙の日にひとこと(43) ~赤ちゃんとタバコについて~
 タバコラム61.禁煙の日にひとこと(43)
  ~赤ちゃんとタバコについて~


 私は非喫煙者で、普段はタバコに関しては、『健康に悪影響しか与えず、お金もかなりかかる、そのうえ他人に嫌な目で見られてもなお吸いたいのだから、もう仕方がない』というくらいにしか考えていませんでした。この度、タバコについて原稿依頼を受けたことをきっかけに、もう少ししっかり考えてみようと思いました。

 ところで私は研修医2年目で、現在産婦人科をローテート中で、産まれたての赤ちゃんたちに癒される毎日です。何件かお産にも立ち会わせていただきましたが、幸い産まれてきたのは、五体満足の元気なかわいい赤ちゃんたちでした。その一方でお母さんのおなかの中でしっかり発育できなかった子や、発育しきらないうちに産まれてしまい、母子ともに苦しい思いをすることも、それほどめずらしくはないようです。

 そこで、若い女性の喫煙風景を見かけることが多くなった今日、妊娠中に喫煙すると、赤ちゃんにはどのような影響があるのか少し勉強してみたくなりました。

d0128520_2120953.jpg 妊娠中に喫煙してしまうと、子宮内胎児発育遅延(Intrauterine growth retardation, IUGR)が起こるリスクが高まります。IUGRとは、その名の通り、子宮の中での赤ちゃんの発育が遅れ、体重の増加が鈍ることですが、喫煙の影響としては、それだけにとどまらず、予備能力が少ないため陣痛に耐えられず、胎児仮死や新生児仮死になることが多くなったり、また、出生後の合併症のリスクも高まるようです。

 このIUGRの程度は喫煙本数に関係し、一般に母が喫煙していると、出生時体重は約200g 軽くなり、ヘビースモカーでは約450g 軽くなると言われています1)。つまり、IUGRはタバコに含まれるニコチン3)が副腎髄質を介して末梢血管、特に臍帯血管を収縮させたり、一酸化炭素(CO)が酸化ヘモグロビンを低下させることによって、赤ちゃんに栄養不良や低酸素状態を来たすため起こると考えられます。

 また流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離などの異常も喫煙者では2~3倍増加し、早産率は喫煙本数と明らかな相関が見られ、母が非喫煙者のとき6%であるのに対し、1日31本以上の喫煙者だと33%まで増加するとの報告もあります。 1)2)

もちろん、お母さん(妊婦さん)自身の能動喫煙だけでなく、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、友人、職場の人、一般人などからの受動喫煙もよくないことは明らかです。


元気で産まれたいはずの赤ちゃんをタバコで苦しめていいわけありませんよね?
今回、原稿を書きながら妊婦さんをタバコから守らないといけない!とつよく思いました。

 1)http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/insyu.htm
 2)http://www.ikujizubari.com/kenko/tabako1.html 
 3)http://www.srf.or.jp/histoly/papers/10.html


     禁煙促進チーム(初期研修医 松田 千尋)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-06-17 21:21 | タバコラム
タバコラム60.禁煙の日にひとこと(42)~私は今はまだ喫煙者です~

 タバコラム60.禁煙の日にひとこと(42)~私は今はまだ喫煙者です~


d0128520_14483399.jpg 私は、現在タバコを吸っています。
 タバコをやめれば体調に良いし、将来の病気の阻止にもなることはよくわかっています。そしてまだタバコを吸っている現状では階段を上がるとき2階以上は息切れを起こして途中で休まなければならないつらさも自覚しています。
 約35年間も吸ってきて、その間何回かやめたこともありますが、飲み会などで我慢できなくなって、つい吸ってしまうことを繰り返してきました。我ながら情けありません。どうしても、どうしても我慢しても負けてしまいます。
 本数は少しずつ減っては来ていますが・・・・・。
 まあ、長い人生、少しずつ見つめ直していきたいと思います。

      禁煙促進チーム(庶務班長 竹本秀章)


 禁煙促進チームのお一人である竹本庶務班長にこのたび無理やり原稿を依頼しタバコをテーマに書いてもらいました。

 あまり興味もなく、書くことも浮かばなかったかも知れませんが、よくここまで書いてくれたと思います。ありがとうございました。

 まず、タバコはがまんするだけではやめることはできません。そこがニコチン依存症という病気の恐いところです。最初にこの点をしっかり抑えておいて頂きたいと思います。
 次に、ニコチン依存症の患者さんを診療する時には、タバコ(ニコチン)に対して現在どのような心理状況(ステージ)にいるかということを知っておきましょう。

 上の文章を読む限り、全く無関心ではなさそうです。かといってすぐに禁煙行動に移そうかという段階でもなさそうです。つまり無関心期→関心期→準備期→実行期→維持期のステージでは、関心期に相当し、禁煙のメリットに気づいてもらうということが重要な時期です。

 さて、何てことばをかけましょうか?

 タバコに精神も肉体もむしばまれつつある今の状況をできるだけ早い時期に断ち切り、全く新しい生活に変えてみませんか?とまず提案してみたいですね。そして、タバコをいつ補充しようかといつもイライラしながら仕事をしなくてすむだけでも禁煙のメリットは大きいですよ!とも言ってあげたいです。

 ニコチン依存症のご自身を客観的に見つめ直し、ニコチン切れ(離脱症状)やタバコのまやかしの幸福感はニコチンの薬理作用に過ぎないということに1日でも早く気がつき、禁煙開始日をこの日に決めましたと言うところまで到達して欲しいですね。

            (禁煙促進チーム 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-05-25 14:52 | タバコラム
タバコラム59.禁煙の日にひとこと(41) ~世界禁煙デー2015~

 タバコラム59.禁煙の日にひとこと(41)
  ~世界禁煙デー2015 ‘Stop illicit trade of tobacco products.’~


d0128520_1234031.jpg 今年2015年5月31日の世界禁煙デーのスローガンがWHOからすでに発表されています。

  http://www.who.int/campaigns/no-tobacco-day/2015/event/en/

d0128520_1252960.jpg 本コラムのタイトルにもありますように’Stop illicit trade of tobacco products.’ 「タバコ製品の不法取引をやめさせよう」です。

 まだ、厚労省からの日本語訳が発表されていませんが、昨年のような全く想像つかないような超意訳にならないことを期待したいものです。

 ちなみに昨年は’Raise taxes on tobacco.’で素直に訳すと、「タバコ税を上げよう」なのですが、「オールジャパンでたばこの煙のない社会を」でした。

 これまでのスローガンについては以前のこのタバコラムにも書いてありますが、下記サイトの過去の世界禁煙デーのスローガンとして公開されていますので参考にしてください。

  http://www.nosmoke-med.org/

 今年のスローガンは、タバコ規制枠組条約(FCTC)の第15条そのものですが、一応タバコは合法的な製品として、各国がタバコの製造を管理し税金として財源をしっかり確保することと、これよりももっと重要な問題である、タバコによる健康障害を管理することが十分にできなくなることが問題となるので、それを防ぐ対策としてこのようなスローガンが掲げられたと考えられます。

 参考までに外務省によるFCTCの訳文のサイトが下記にありますので第15条をお読みください。

  http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/fctc.htm

 本来は、タバコ問題は財政面というよりも健康面から管理されるべきであり、財務省管理のたばこ事業法を廃止して、タバコ健康管理法(仮)のような新法のもと、厚労省管理で扱っていくのが正しい考え方かと思っているところです。

d0128520_1263022.jpg 最近、淺野牧茂先生がお書きになった、 『タバコは全身病』 というタイトルの本が、少年写真新聞社から2015年3月1日に発行されました。健康問題という視点から改めて読んでみたい1冊と思いますのでぜひご参考になさってください。

   http://www.schoolpress.co.jp/s-480/

                    (禁煙促進チーム 立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-04-22 12:08 | タバコラム
タバコラム58.禁煙の日にひとこと(40) ~受動喫煙による可能性が考えられた肺癌女性症例の経験~
 タバコラム58.禁煙の日にひとこと(40)
  ~受動喫煙による可能性が考えられた肺癌女性症例を経験して~


d0128520_12121610.jpg 呼吸器内科で研修していた時のこと。70代の女性が、診療所からの紹介状を持って外来を受診されました。紹介状には「病名:小細胞肺癌」と書かれています。

 「タバコはどのくらい吸っているんですか」、と尋ねると、「吸ったことはありません」、と言われました。
(なお右写真は滋賀医科大学放射線科HPよりの引用でこの症例のものではありません)

d0128520_1258593.jpg 肺がんと一口に言ってもいろいろ種類があり、タバコが強く関係するものも、あまり関係しないと言われているものもあります。
 その中で、この「小細胞肺癌」は、タバコを吸っていない人はほとんどかかることはないだろうというほど、タバコと強く関係のある肺がんです。
そういうことですから、どうにも納得がいきません。ここで、診察前にもらった上級医のアドバイス(神の声)が私の脳裏に響きます。

 『家族が吸ってたかどうかも聞いといてね…』。
 「…ご家族は、どうでした? 」


 するとお父さんとご主人がヘビースモーカーだったとのことでした。幼少のころから、数年前にご主人が肺気腫(これもタバコが主な原因となる病気です)で亡くなるまで、家の中ではいつも紫煙が立ち込めていたそうです。

 このようによそから流れてくる煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」といいます。タバコを吸わない人でも受動喫煙があると、小細胞肺癌に約1.5~6倍なりやすくなると言われています(Int J Cancer 2014, 135(8): 1918-30)。

 この女性も70年間にわたる受動喫煙がその小細胞肺癌に関係しているものと思われました。さらに悪いことに、この小細胞肺癌は肺がんの中でも最もタチの悪いがんと言われており、彼女もすでに癌が全身に転移し、打つ手がない状態でした。

 自分が死んだあと、娘や妻に残したものが「肺がん」だったなんて、なんとも情けない話ではないですか!

 あなたのそばにいてくれる、一番大切な人のために、今日から『禁煙』してみませんか!!

     (禁煙促進チーム 初期研修医 入江 駿)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-03-20 13:03 | タバコラム
タバコラム57.禁煙の日にひとこと(39)~たばこを吸わないある事務職員のつぶやき~

 タバコラム57.禁煙の日にひとこと(39)
  ~たばこを吸わないある事務職員のつぶやき~


 最近は、喫煙者のマナーが良くなり、たばこを吸わない者にとっては、大変好ましい状況となっています。社会の変化により肩身が狭くなっている喫煙者に同情するものもあります。

d0128520_15405925.jpg 以前は、たばこのポイ捨てが多く閉口したものです。 「たばこのポイ捨ての行為は、ゴミの投げ捨てだ。」と言うことが分かっていない喫煙者の行動には理解できませんでした。以前、病院の環境美化のため、病院の敷地、病院の周りの吸い殻を拾って回ったものでした。

 「たばこを吸う人も、たばこを吸わない人も共存できる社会にする」のも一つの手だという考えも理解できます。

 たばこを吸わない者にとって、たばこのにおいは耐えがたいものがあります。最近、乗り物や飲食店、公共施設では、分煙・禁煙して頂き、快適な時間が過ごせるようになりましたが、以前は耐えがたい苦痛でした。特にビジネスホテルで禁煙室が取れないときは、寝具のたばこの臭いで寝れない状況です。

 「喫煙者に喫煙の権利」があると同時に、「吸わない人にとっても快適な空間をお願いする権利」がある と思います。

 私は思うのですが、
 たばこを吸うと、呼吸器・循環器など病気になる確率が、吸わない人より数倍も高い事は医学的に証明されています。日本は現在、高齢化により、医療費が年々増大しており、国家財政がパンク状況です。また、超少子化により、高齢者は「自分のことは自分で見る」必要になっています。

 この対策のためには、「健康年齢」をあげること が一番重要とされています。日本人は、平均寿命が世界最高ですが、健康年齢との差は、10年あるとされています。この間の医療費、介護費が莫大となっています。
喫煙して、健康年齢を上げることが、日本の財政に貢献できると思いますがどうでしょうか。

d0128520_15455848.jpg 寝たばこ、たばこのポイ捨てが減り、これが原因の火災も減っていると聞いています。


 禁煙は、
 「本人も健康に良い」
 「周りにいる人にも環境に良い」
 「施設管理している人も環境維持費で良い」
 「国家財政の改善で社会にも良い」


 この四つの良い、いかがでしょうか。

                 (禁煙促進チーム 事務部長 石黒 博)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-02-18 15:47 | タバコラム
タバコラム56.禁煙の日にひとこと(38)~喫煙は生涯年収に影響する可能性がある!?~

 タバコラム56.禁煙の日にひとこと(38)
   ~喫煙は生涯年収に影響する可能性がある!?~


d0128520_1342021.jpg はじめに、この原稿を書いている私は喫煙者です。愛煙家とまでは自身思っていませんが、喫煙歴も20年を超える訳ですから、周囲からすると間違いなく愛煙家だと思います。では、なぜ喫煙者である私がこのコラムの原稿を書いているのか・・・?ただただ依頼を受け、断り切れなかったからです。私がいくら禁煙啓発のための文章を書いても、全くもって説得力のないことになりそうですので今回は喫煙者と非喫煙者とのやり取りを、コラムの“一服”だと思って読んでいただければと思います。


 昨年、あるプロ野球選手と食事をした時のこと。その選手は高校時代には甲子園、大学時代は神宮大会でも優勝したような誰もが知る一流選手なのですが、プライベートの時間でもタバコを吸うには気を使うと言います。

 「(外食時に)ファンと鉢合わせると野次られるんですよ。勝てば一緒になって吸うくせに、負ければ『(タバコを)吸いよる場合じゃなかろう。じゃけえ負けるんよ、練習せえ。』って。」

 タバコは体にとって有害でしかない。ましてやプロ選手、百も承知だという。じゃあ何で止めないの?
「僕らは出たくてもスタメンに選んでもらわないとグラウンドに立てない。監督によっては(出場しても)1回でもミスれば交代させられる。そりゃあストレスも溜まりますよ。」

 どうやらファンには伝わらない、いや、伝えてはいけない舞台裏があるらしい。ある調べではプロ野球選手の喫煙率は約40%とありました。男性の喫煙率が30%程度と言われている現在ですから、この数字はかなり高いと言えるでしょう。何でそんなに高いの?そこにはプロ野球ならではの特別な環境があるようです。彼らは、基本的に活躍し勝利に貢献することが評価となるのです。しかも周囲の40%が喫煙していて、試合の半分をダッグアウトで過ごす。だから辞める理由などないのかも。

 一方、私達のように外部との関係で商いを営む者はどうでしょう。大阪で会社経営をしている私の幼馴染みは、役職に就くためタバコをやめたと話す。

 その理由は、
①取引先や社員を含める周囲配慮と自身の印象。
②健康被害による医療費の高騰・物件や車などの資産価値の低下・新たな顧客の取りこぼしといった損害額の増加。
③そして何よりタバコにかかるコスト
だという。

 非喫煙者が約80%の現在、新たな顧客への印象や取引継続の成功のカギはタバコと言っても良いと。また将来的に子供たちのことを考えた時、保険料も高くなり、車の買い取り金額や家の修繕費も嵩(かさ)んでいいことは何一つないとのこと。

d0128520_1333014.jpg
 ううん、なるほど。さらに、1日1箱タバコを吸えば、定年までに約642万円の損失、2箱吸えば当然1284万円の損失と続ける。これは痛い、さすがに社長、説得力のある話をするのう。

 最後に幼馴染みは、今販売しているタバコのパッケージは健康被害についてしか記載していない、だから損する感じも受けず誰も現実味を感じないのだと。誰も自分は病気になるなんて思っていないだろうと。しかし、“生涯年収でこれだけ損しますよ”と具体的に謳えばどうだろう。少なくとも、僕のいる大阪では喫煙者が減ると思うと。素人なりにオチまでつけた幼馴染みの話に、咥(くわ)えタバコで耳を傾ける私でした。
(禁煙促進チーム 2若葉病棟看護師長 橋本 光正)

 カープファンは私も含めて今年のカープにリーグ優勝と日本一を期待しています。石原軍団のように、カープの選手はタバコを吸わない!と宣言して頑張ってくれたらもっとうれしいのですが…。大阪の会社経営者のお話も説得力があります。橋本師長も禁煙促進チームの一員であるからにはこれを機に自ら率先して禁煙することを選択していただければと思います。
        (禁煙促進チーム 立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2015-01-28 01:35 | タバコラム
タバコラム55.禁煙の日にひとこと(37)~禁煙学 第3版が発刊されました~

 タバコラム55.禁煙の日にひとこと(37)
    ~禁煙学 第3版が発刊されました~


 NPO法人日本禁煙学会2006年4月に発足し、2007年2月に第1回日本禁煙学会学術集会が京都で開催されたのを皮切りに、ほぼ毎年学術集会が開催され、2015年には11月に熊本市で第9回が開催されることが決まっています。

 ちなみに第3回は広島県医師会主催のもと2008年8月に広島市で開催され、たいへん盛会でした。

 学会発足と同時に禁煙指導者制度も設けられ、そのテキストとなるのが「禁煙学」で2014年11月に第3版が発刊されました。大体3~4年で新版となり、常に最新の情報を得ることができるのでぜひ座右に置かれて診療のお伴とされますようにお勧めします。

 下図は左から順に第1版、第2版、第3版の表紙です。
d0128520_135203.jpg

 日本禁煙学会ホームページにも情報もりだくさんですのでご参考まで。

   http://www.nosmoke55.jp/


 もう一つタバコをについて語る時に忘れてはならない資料となるのが、少し古いのですが、 厚生労働省編の「喫煙と健康」いわゆる「タバコ白書」であり、合わせて紹介します。

d0128520_140544.jpg 左から順に第2版(1993年)、新版(2002年)です。

  
 (禁煙促進チーム 立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2014-12-25 01:45 | タバコラム
タバコラム54.禁煙の日にひとこと(36)~女性の喫煙と美容~
 タバコラム54.禁煙の日にひとこと(36)
     ~女性の喫煙と美容~


d0128520_163133100.jpg 昨年、JTが行った全国たばこ喫煙率調査によれば女性の喫煙率は10.5%と前年度に比べて0.1%増加したとのことです。0.1%と聞くとなんだ、たいしたことないと思われるかもしれませんが、人口になおすと6万人の増加とのことです。しかも、 増加したのは主に20代、30代の人生で一番美しい年代の女性たちです。

 昔から、たばこは美容に悪いと言われているのに、なぜ、女性の喫煙者は増えるのでしょうか。
 イギリスでは体重コントロールのため、一種のダイエットとして喫煙する人が多いとのことです。
 日本でも同じ理由で喫煙する人は多いようです。それだけで無く、日本の女性の就業率は上がってきていますし、 家庭と仕事の両立、子育てといっぱいいっぱいで生活している女性にとって、たばこを吸ってほっとするひとときというのは捨てがたい一瞬なのかもしれません。私も、例に漏れず家庭、子育て、親の介護に追われる生活なのでたばこを吸う人の気持ちがわからなくもありません。

 しかし、しかし・・・です。有名な双子の女性の写真でもわかるように喫煙は明らかに美容に悪く、かつ老化を早めることがわかってきています。いくつかご紹介します。

 ■どちらが喫煙者かわかりますか?(双子A、双子B)
d0128520_16331853.jpg

d0128520_1633553.jpg


 双子Bは、14年間1日当たりタバコの半パックを吸いました。一方、彼女の姉妹(A)はたばこを吸いませんでした。彼女の目の下の弛緩性皮膚は喫煙者にとって典型的です。タバコは身体の内部で、あなたの外観を傷つけています。双子Bは、より多くの太陽にもあたって、外部からも皮膚を傷つけています。Reviewed by Louise Chang, MD on September 01, 2011

1)目の下のクマ
 喫煙者は非喫煙者の4倍も寝不足になりやすいそうです。睡眠中はたばこが吸えないのでニコチンが不足して離脱症状で寝返りをうつのが原因だそうです。

2)歯の病気
 たばこのニコチンで歯が黄ばみます。歯周病も非喫煙者の6倍で歯も抜けやすくなります。

3)シワ
 たばこは老化を加速します。ある調査では喫煙者は非喫煙者より1.4歳老けて見えるとのことです。

4)抜け毛
 たばこの成分や賛成されたフリーラジカルにより喫煙者は非喫煙者より2倍も抜け毛のリスクが高いそうです。

5)肌つや
 たばこの煙の中の一酸化炭素やニコチンによって皮膚の酸素が減少し血流不足になります。メラニンが非喫煙者より多くなるとも報告されています。

 これだけの報告でも喫煙によって肌がくすみ顔色不良になり、シミシワがふえ、歯や髪が抜けやすくなることがわかります。

 ある化粧品会社の調査では美容にかけるお金が月々5000円~10万円の人は喫煙者で44.5%にたいし非喫煙者は37.5%と約1割の差がありました。


 たばこ代に加えて美容にかけるお金・・喫煙はお金のかかる習慣なのです。そして失うものも少なくない・・・というお話でした。 

              (禁煙促進チーム 内科 坂本 直子)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2014-11-21 16:34 | タバコラム
タバコラム52.禁煙の日にひとこと(34)~1冊の本から(1)~
 タバコラム52.禁煙の日にひとこと(34)
      ~1冊の本から(1)~


 ここに1冊の本があります。タイトルは『なるほどなっとく タバコ問答集Q&A』

d0128520_1504885.jpg 著者は山形県喫煙問題研究会代表の吉澤信夫氏で、文芸社から2009年8月に発刊されています。

 内容は喫煙者がよく主張することがらや問いかけについて、医療従事者という立場から明解にお答えするという構成となっています。平易な文章なので一般の人が読んでも十分わかりやすい内容となっています。

 全部で64の質問とそれに対する返答の記述がありますが、特に興味深いと思った2,3の項目について簡単に紹介します。多少私の意見も付け加えたところもありますがそのつもりでお読みください。

Q1)たばこは個人の嗜好であるのではないか?
A1) 嗜好は自分でコントロール可能、つまり、止めても心身ともに不快や支障になったりしないという条件が必要ですが、タバコは吸っていない時には時間がたつにつれてニコチン渇望が起こり、イライラしたり、目の前の仕事が手につかなくなったりすることがおこることがありますね。従ってタバコは嗜好品ではなく、依存性薬物です。さらに、副流煙によって他人に健康被害をおよぼすこともありますのでタバコ(喫煙)は個人の嗜好にとどまらないことは明らかです。

Q2)肺がんのリスクは他にもいろいろあるのに、たばこだけを厳しく規制するのはバランスを欠くのではないか?
A2) WHOも言っているように、喫煙は肺がんをはじめとする病気のなかでも、単一で予防可能な最大の原因です。禁煙は最も確実に肺がんを減らすことのできる方法です。個人レベルの行動を変えることで肺がんのリスクを確実に避けることができ、受動喫煙を避けるためにも喫煙行動に規制が必要なのです。

Q3)たばこを吸って、通常の社会生活を送ることができなくなることはない。むしろ、アルコールを飲めば仕事ができなくなるのではないか?
A3) 昼間から飲まずにいられない人は慢性アルコール中毒(アルコール依存症)で治療が必要ですが、多くの人は適量飲酒で依存症ではありません。一方、タバコの場合、常習喫煙者であればニコチン依存症で、日中でも吸わずにいられないのが実態です。

 上記以外にも、たばこはストレス解消になる、たばこを売っているのはなぜだ、などふだんよく聞く質問に対する返答もありますので興味をもたれた方がいらっしゃいましたらぜひご一読ください。また、2012年に広島県医師会ホームページの禁煙コーナーに、短い文章ですがこれと似たような内容の拙文が掲載されていますのでこちらもぜひご覧ください。

 http://www.hiroshima.med.or.jp/kenmin/kinen/009688.html

        (禁煙促進チーム 立山 義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2014-09-19 15:01 | タバコラム
   
> 検索
> 画像一覧