> 10.サードハンド スモーク(third-hand smoke)

10.サードハンド スモーク(third-hand smoke)

 サードハンド スモークという言葉をご存じでしょうか?

2009年1月にマサチューセッツ総合病院小児科医師が新しいタバコのリスクとして初めて学術誌の中で用いた用語のようです。能動喫煙に対する受動喫煙(=間接喫煙)がセカンドハンド スモーク(second-hand smoke)と言われ、今日比較的よく浸透してきた言葉と思われます。

d0128520_14463866.jpg これに対し、さらにもう一段階を踏んだあとにもタバコの煙に含まれる残留化学物質による有害性があることが指摘されました。要するに、今、目の前で喫煙していなくても、少し前に喫煙していた喫煙者の吐息、髪の毛、衣服、手指などの発するタバコ臭、放置された吸い殻の発するタバコ臭、喫煙者が宿泊後のホテルの部屋の中、壁、家具、カーペットなどにしみついたタバコ臭などがサードハンド スモークに相当し、広い意味での間接喫煙あるいは環境汚染と言えるでしょう。

 サードハンド スモークは能動喫煙や受動喫煙に比べれば、リスクはそれほど大きくないかも知れませんが、特に家の中を這い回る、幼い子どもがいる家庭では、タバコの煙に含まれる有害化学物質が残留している部屋の家具、壁、カーペットなどから子どもへの影響が全くないとは言えないはずです。

 私たちだって新幹線や飛行機で移動中、猛烈なタバコ臭を放つ乗客が自分の隣に座ってきた時などには、防御マスクが必要かもしれません。

                               (TCT 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2009-07-17 14:51 | タバコラム
> 検索