> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
> タバコラム75.禁煙の日にひとこと(57)~最近の若者とTBK(タバコ)について~

 タバコラム75.禁煙の日にひとこと(57)
       ~最近の若者とTBK(タバコ)について~


 皆さまこんにちは。 研修医1年目の小田祥大です。今回初めてタバコラムを書かせて頂きます。

 最近の若者は、、、という言葉を色々な場面で聞きますが、タバコに関してはどうなのでしょうか? 最近の若者はタバコを吸うのでしょうか?吸わないのでしょうか? 調べてみると、以下のような成人喫煙率の公開データがネットから出てきました。

成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)1)
性別・年代別喫煙率の推移
 
d0128520_13553241.jpg
d0128520_1473494.jpg

 このデータによると喫煙率は、20年前には全年齢で男性57.5%(約5人に3人)が、女性では14.2%(約7人に1人)が吸っていました。最近(2年前)では全年齢で男性30.3%(約3人に1人)が、女性では9.8%(約10人に1人)が吸っているようです。 タバコを吸う人が全体的に減っていることがわかりますね。

 さて、本題に入りますが、若者(20歳台)の喫煙率はどのように変化したのでしょうか。20年前には20歳台で男性63.4%(約5人に3人)が、女性では20.3%(約5人に1人)が吸っていました。最近(2年前)では20歳台で男性29.4%(約3人に1人)が、女性では10.0%(約10人に1人)が吸っているようです。20年前と比べて20歳台の喫煙率は、男性・女性ともに半分近くになっているようです。
 私が卒業した大学では、大体男性で60人中15人、女子で40人中3人程でした。(大学敷地内全面禁煙なので、大学内では吸えませんが)つまり、男性25%(4人に1人)が、女性7.5%(約13人に1人)でした。どうやら一般平均よりもタバコを吸っていた人は少なかったようです。

 結論としては、最近の若者はタバコをあまり吸わなくなってきているようです。若者を含めタバコを吸う人が減ってきている背景には、禁煙教育・公共施設等での全面禁煙化などが考えられます。
d0128520_14212177.jpg また禁煙外来や禁煙グッズなども一因になっているのでしょう。タバコより害の少ない?と言われている商品もでてきました。

 写真: 例えば、これは私の友人が使っている電子タバコ(iQOS(アイコス))です。
タバコより害が少ない、、、かも?と言われていますが、まだ科学的根拠は十分に示されてないようです2)。

 この良し悪しは置いといて、社会全体が禁煙の方向に向かっている事は良いことと思います。特に、若者が吸わなくなれば次世代の若者も吸わなくなるだろうと私は思います。そういう意味でも、禁煙教育というのは若い世代に向けてすることが重要ではないかと思います。

参考:
1)厚生労働省の最新たばこ情報:http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html
2)国民生活安全センター・電子タバコの安全性を考える:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100818_1.pdf


     (禁煙促進チーム 研修医1年目 小田祥大)

 追加:電子タバコにニコチンが含まれている製品があること、ニコチンが含まれていなくても水蒸気とともに吸引する化学物質の安全性が明らかでないこと、未成年者も容易に手に入れることができ、喫煙のきっかけになり得ることなどが電子タバコの問題点です2)。決して、禁煙グッズとして使用しないようにお願いします。
     (禁煙促進チーム 立山義朗)
[PR]
by hiro-nishi-mc | 2016-07-29 14:42 | タバコラム
> 検索
> 画像一覧