> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
> タバコラム46. 禁煙の日にひとこと(28) ~タバコ病に倒れた有名人~

タバコラム46. 禁煙の日にひとこと(28)
~タバコ病に倒れた有名人~


 芸能人、作家、政治家など有名人の方々の中には、<b>タバコ病に倒れたという話をよく耳にします。

 タバコ病と言うのは、タバコが主たる原因と考えられる病気のことでがん、心血管疾患、脳血管疾患、COPD、喘息、糖尿病など多くの病気があげられます。
 これらの多くは直接生命にかかわる重大な疾患であるということを忘れてはなりません。

 平成26年に入ってタバコ病で倒れたと考えられる方々は、


d0128520_17455055.jpg やしきたかじんさん(食道がん、1月3日、64才)、

d0128520_17482865.jpg 淡路恵子さん(直腸がんと食道がん、1月11日、70才)、

d0128520_17485931.jpg 岩見隆夫さん(肝臓がん、1月18日、78才)、

d0128520_17495970.jpg 山本兼一さん(肺がん、2月13日、57才)


 といった方々がいらっしゃいます。やしきたかじんさんにしても、岩見隆夫さんにしてもテレビ番組や雑誌などでご自身が喫煙者であるためか、何かとタバコ擁護の立場でお話されていたことをよく覚えています。

 これまでにも筑紫哲也さんが肺がん(ドキュメンタリー番組の中では一番悪性度が高く、しかもタバコと密接な関係のある小細胞癌と放映されていました)、室田日出男さん、川谷拓三さん、鶴田浩二さんも肺がん、安岡力也さん、石原裕次郎さん、ジャイアント馬場さん、松本清張さんがいずれも肝臓がん(石原裕次郎さんは、舌がんと解離性大動脈瘤も患われました)、安部晋太郎さん(現安部首相のお父様)、渡辺美智雄さんが膵臓がん、オードリー・ヘップバーンさんが大腸がん、大平正芳さんが急性心筋梗塞、開高 健さんが食道がん、勝 新太郎さんが下咽頭がん、小林千登勢さんが喘息と多発性骨髄腫、司馬遼太郎さんが腹部大動脈瘤十二指腸瘻、手塚治虫さんが胃がん、松田優作さんが膀胱がん、村田英雄さんが糖尿病(壊疽で足を切断)などとタバコ病で倒れた有名人の方々がたくさん知られています。

 こうしてみると肺がん、肝臓がんに加え、食道がんが少し目立つような気がしますが、食道がんはタバコに含まれる発がん物質がアルコール中にたっぷり溶け込んだお酒を飲むことによって発症すると考えられています。食事をした時にしみるような感じがするなど既に症状が現れた時点では、助かる可能性が低くなるので、食道がんはタバコによるがんの中でも恐い病気の一つです。

 ここにあげさせていただいた皆さん以外にもタバコ病で倒れられた方はたくさんいらっしゃいますが、とりあえず私の目に止まった方々をあげさせていただきました。お名前を拝見してもどの方も各分野でご活躍になられたすばらしい才能の持ち主ばかりです。今となっては才能ある方々の命を奪うことになったタバコを恨むしかありません。本当に残念です。

*タバコ病辞典(実践社、2004年)とWikipediaなどを参考にしています。

 (禁煙促進チーム 立山義朗)


****************************************
 今回の記事中に上げられたタバコと疾患の因果関係について、必ずしも医学的に証明されていないものも含まれています。

 今回の記事は立山の個人的見解であり、病院としての見解ではないことをご理解ください。  
****************************************

[PR]
by hiro-nishi-mc | 2014-03-28 17:55 | タバコラム
> 検索
> 画像一覧