> カテゴリ
全体
タバコラム
病理クイズ解答
講演会・研修会のお知らせ
病院行事
> 第1回 画像による病理診断クイズ 解答

 明けましておめでとうございます。

 予定よりちょっと遅くなりましたが、第1回 画像による病理診断クイズの解答です。

 病理医が毎日顕微鏡で何をのぞいているのか、今回から少しですけどお見せします。

 病理医自身の診断がまちがっていたらどうするかって?

 一応、診断が正しいと思っている(つもりの)症例を選んで出しますのでご心配なく。

  ***************************

第1回の解説: 

 弱拡大:まず全体をながめて、診断のために有用な箇所にねらいを定めます。大半は壊死性組織(潰瘍底)で、この部分だけだと診断に至らないことがあります。

 中拡大:正常の構造がみられず、正常にはみられない、大型で濃く染まる核をもつ細胞集団がみられます。腺管構造はあまりはっきりしません。

 強拡大:強拡大では細胞の特徴を観察します。細胞質が比較的広い異常な細胞集団であることがわかります。

 以上より、低分化腺癌(Group V) と診断しました。

 内視鏡的に悪性リンパ腫も疑われていましたが、癌では陽性ですが、悪性リンパ腫では陰性となるAE1/AE3(サイトケラチン)の免疫染色では陽性でした(下図)。
d0128520_17483956.jpg

[PR]
by hiro-nishi-mc | 2010-01-05 17:51 | 病理クイズ解答
> 検索
> 画像一覧